スキューバダイビングのあれこれ

当店の安全管理に対する考え方

おかげ様で、当店ではこれまで一度もダイビング事故を起こしていません。

事故はいろんな状況で起こりえますが、常に安全管理の努力は怠らず、お客様一人一人のスキルを見極め、何よりも安全を重視してダイビングをして頂いています。

事故を起こさないための一番の安全対策は、お客様自身が安全にダイビングをするためのスキルを身に付け、ステップアップして頂くことだと考えます。

ステップアップは、例えばアドバンスやレスキューなど、ダイビングのライセンスの種類はもちろんですが、いろいろな場所で潜ったり、いろいろな経験をしたりしながら、実力をつけていただくことが本当のステップアップです。

インストラクターとお客様、双方の努力の上にこそ安全がある

安全管理を考えるときに、「安全管理は誰が責任を持つのか」と言うのがダイバ―やインストラクターの間で話題になることがあります。

「お金を払っているのだから安全管理はインストラクターがすべき」と言う意見があれば、「インストラクターはダイビングを教えたりガイドをするのが仕事で、安全管理はお客様自身の責任でやるべき」と言う意見もあります。

何か有った時に責任がどちらに有るかと言うのは難しい判断になるようですが、何より大事なのは「どうすれば事故を起こさないで済むか」を考えるべきです。そう考えた時に、事故を防ぐためにはやはりダイバ―とインストラクター双方がしっかり安全管理をするという事に尽きます。

日本のインストラクターは、外国のインストラクターに比べると安全管理はしっかりしている方だと思われます。逆に、その分日本のダイバーはあまり安全管理が出来ていないようにも思います。日本のダイビングスタイルは、「ダイビングをするときは必ずインストラクターと一緒」と言うのが主流ですし、インストラクターを付けずに潜る人はかなり少数派です。インストラクターと一緒に潜る経験しかしていないと、ダイビングはいつも「インストラクター任せ」になってしまいます。しかし、インストラクターもいろいろで、安全管理に対する考え方も違えば、資質や経験も違います。

ダイバ―になられる方は、ほとんどの方が沖縄や海外でダイビングをしたいと考えていらっしゃいます。しかし、そこで命を預けるインストラクターがどんな人かは全くわかりません。

ダイビングで事故に遭わないようにするために、どこでどんなインストラクターと潜っても、自分自身のスキルが身に付いていて、なおかつしっかり安全管理ができいれば、安心してダイビングを楽しむことができるのではないでしょうか。

スキルがしっかり”自分のもの“になり、本当に安全に潜れるまでにはやはり時間がかかります。ダイビングは潜るのは簡単ですが、海の中の環境に慣れ、本当の意味で安全に潜れるスキルが身に付くまでにはそれなりに経験が必要です。ダイビングのライセンスを取ったばかりの方は、ある意味よちよち歩きを始めたばかりと言うレベルです。そこから成長するためには海の中で過ごす時間が必要です。しかし、安全管理は心がけ次第です。経験が少なくても安全管理をしっかり行っていればトラブルに遭う可能性は少なくなりますし、どんなにたくさん経験を積んでも、そもそも安全管理をする意識が無ければ事故の確率は高くなります。

ダイバーがすべき安全管理

残圧の確認

自分の残圧は自分でしっかり把握しておきます。最近、私はお客様に残圧を聞くのを止めています。日本ではダイビング中、インストラクターがお客様に残圧を聞くのが当たり前になっています。私も長年そのようにしてきました。何故それを止めたかと言うと、お客様が自ら自分やバディの残圧を確認しなくなってしまう場合があるからです。そして、残圧が少なくなってもバディやインストラクターに申告してくれません。日本はもちろん、世界中どこへ行っても必ずしもインストラクターがお客様の残圧を把握してくれている訳ではありません。だから自分自身で確認し、バディ同士でも確認する癖をつけて頂きたいのです。ですから、現在はブリーフィングの際に、「バディ同士で残圧を確認して・・・」とお伝えしています。これは本来のダイビングの方法であり、テキストにもそのように書かれています。

もちろん、私もお客様の残圧を把握していないと困りますので、実際には全てのお客様の残圧計を目視して確認はしています。でも、私が直接お客様に確認しなくなってからは、お客様同士でしっかり確認して頂ける方が増えたように思います。

NDLの確認

NDLを確認するのもダイバーとして絶対必要なことです。ダイブコンピュータを持たずにダイビングをしている方も多いようですが、それは車で言うとスピードメーターや燃料計が無い状態で運転しているのと同じことです。「周りの車に合わせて走っていれば大丈夫だろう・・・」と言うのと同じです。ダイブコンピュータを持っていても、100%減圧症を防げる訳ではありませんが、無い状態で潜るよりははるかに安全です。特にリゾートに行って帰りに飛行機に乗るような場合は、NDLも余裕を持って、より安全な範囲でダイビングを終えることが大切です。

バディを意識

ダイビングの基本中の基本、バディを意識する事です。まずはしっかりとバディ同士でプレダイブセイフティチェックをします。この時、ダイビング中の行動の仕方も話し合っておくと良いですね。安全管理には、忘れ物をしていないかどうかもチェックしておきたいですね。ダイブコンピュータは特に忘れがちです。

潜降するときにはバディが側にいる状態で、潜降中もバディを見失わないようにアイコンタクトを取ったり、OKサインで確認し合います。

ダイビング中は常にお互いが側にいるようにして、バディに何か有った時には2~3秒でバディに手を貸せるくらいの距離感を保ちます。残圧の管理もしっかり行いましょう。日本のダイバーは何故かこれがほとんど出来ていません。自分の残圧はもちろんですが、バディ同士でも頻繁にお互いの残圧を確認し、把握しておきます。残圧だけでなく、NDLも確認しておくとより良いですね。ダイブコンピュータによってNDLに差が有るかもしれませんが、その時はより安全な方に従います。お互い確認をすることで確認漏れをして限界を超えるのを防ぐこともできます。

当店における安全管理

少人数制

当店では、ダイビング時のグループの最大人数を5名様までとしています。オープンウォータダイバー講習の際には4名様までとしています。
それ以上になる場合には、別のグループに分けて潜ります。
よく、1グループ10人位のお客様を引率しているダイビングショップもみかけますが、そうなると安全管理は難しくなってしまいますし、それだけでなく、そもそも快適性がかなり損なわれます。

状況が悪ければダイビングを中止にする

自然が相手のスポーツなので、海の状況はダイビングに大きな影響を与えます。
危険を承知で潜るよりも、参加者のスキルなどを考慮して、安全性が損なわれるような状況ではダイビングを中止します。

スタッフの安全管理能力

当店ではスタッフがお客様を一人でガイドしたり講習をするまでには、少なくとも1年は研修として参加するようにしています。研修期間中は他のスタッフのサポートとして潜ってもらい、その間に経験を積んでいきます。

スタッフミーティング

当店では週に一度スタッフミーティングを行っています。
お客様の情報をスタッフ間で共有することがその目的です。
お客様のスキルの習得度合いなどを共有することで、どのスタッフが担当しても安全にお客様を引率できるようにしています。

まとめ

私たちインストラクターが行っている安全管理は無数にあります。オープンウォータダイバー講習から始まる一つ一つのレクチャーやアドバイスには、その背景となる安全管理の根拠が有ります。水中では安全を考慮して様々な判断をしながらお客様をご案内しています。それに加えて、お客様のご協力のもと、これからも事故を起こすことなく楽しくダイビングを続けていきたいと思っています。

ピックアップ記事

  1. ダイビングの安全
  2. 当店の安全管理に対する考え方
  3. オーバーウェイト、適正ウェイト

関連記事

  1. スキューバダイビングのあれこれ

    「ライセンスを取ること」が目的では有りません

    ダイビングができる技術を習得することが目的ダイビングのライセンスを取…

  2. スキューバダイビングのあれこれ

    ダイビングの安全

    ダイビングは宇宙に行くのと同じくらい、想像以上の素晴らしい景色を見るこ…

  3. スキューバダイビングのあれこれ

    オーバーウェイト、適正ウェイト

    ダイビングのライセンスを取得する時に学んだ適性ウェイト。みなさんは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ダイビング器材

    TUSAのダイブコンピュータ DCソーラー IQ1203&1Q1204…
  2. スキューバダイビングのあれこれ

    オーバーウェイト、適正ウェイト
  3. スキル

    スキル
  4. 伊豆ダイビングツアー

    海洋実習やダイビングツアー(ファンダイビング)での一日の流れ
  5. ダイビング用品

    ダビング用品
PAGE TOP