ダイビング基礎用語

【ダイビングショップ】

ダイビング器材の販売や、ダイビングツアーの開催などを行っているショップです。インストラクターが経営していることもあり、ライセンス取得講習も実施できるショップが多いです。海の近くばかりでなく、日本全国にあります。

 

【ダイビングスクール】

ダイビングのライセンス取得講習を実施しているスクールです。一般的にはダイビングショップと同意とされいることが多いでしょう。

 

【ダイビングツアー】

ダイビングがメインの旅行。日帰りのものも含まれます。通常は略して「ツアー」と呼ばれます。

 

【中性浮力】

浮きも沈みもしない状態を指します。マイナス浮力だと体は沈み、プラス浮力だと体は浮いていきます。深度が変わると浮力も変わりますので、その都度浮力をコントロールして常に中性浮力を保てるようにします。このコントロールが上手になることが大切です。

 

【バディ】

「海猿」を見たことのある方は聞いたことがあるはず。ダイビングでは必ず2人以上で一緒に潜り、水中で単独行動をすることは許されません。この一緒に潜る仲間をバディと呼びます。陸上でも水中でも助け合いながら、ダイビングを楽しみます。これをバディシステムと呼びます。

 

【PADI】

世界最大のスキューバダイビング機関です。世界中のダイバーの実に60%以上がPADIを選んでおり、もっとも信頼されたダイビングの教育機関です。アズールマリノももちろんPADIのダイブセンターです。PADIのCカードを持っていれば世界中の海でダイビングをすることができます。

 

【ポイント】

海であればどこでも潜って良いわけではありません。潜ることを許可された場所があり、その一つ一つをダイビングポイントと呼び、略してポイントと言っています。伊豆半島だけでも100か所以上。それぞれに違った良さがあり、比べてみるもの面白いものです。

 

【ライセンス】

講習が終わるとカードが発行されます。一般的にはそれを「ライセンス」と呼んでいますが、ダイビングで発行されるカードは免許とは違います。カードはダイビングに必要なスキルを身につけた事を認定する為のもので、免許ではなく”認定”の英語の頭文字を取って”Cカード”と言うのが正式な呼び方です。