ライセンスの種類

【スクーバダイバー】

こちらもスキューバダイビングのライセンスのひとつです。オープンウォーターダイバーと似ていますが、講習は1日少ない日数で終わります。潜ることのできる最大深度やプロダイバーの引率が必要などの制限がつきます。

 

【オープンウォーターダイバー】

スキューバダイビングをするための最初のライセンス、またはライセンス取得のための講習を修了した方のこと。ライセンス所有者同士でバディを組み、プロダイバーの監督無しでダイビングを楽しむことができます。

 

【アドバンスド・オープンウォーターダイバー】

オープンウォーターダイバーの次に取ることのできるライセンス。ディープダイビング、ナビゲーションを含む5種類のアドベンチャー講習を受けることで取得できます。このアドベンチャー講習は全て各スペシャルティを取得するために必要な講習の1本目としてカウントすることができます。

 

【スペシャルティ】

スキューバダイビングにはボートやドリフトなど様々な楽しみ方があります。そのひとつひとつを極めていくのがスペシャルティです。講習を受けていただきながらスキルアップをしていきます。上級ダイバーへの近道でもあります。

 

【エマージェンシーファーストレスポンス(EFR)】

心肺蘇生法(CPR)やケガの応急手当などの技術を学びます。日常生活でも役立つ知識がたくさんあり、もしもの時に大活躍です。ダイビングをされたことのない方でも取得することができるので、全ての方にお勧めのコースです。

 

【レスキューダイバー】

アドバンスド・オープンウォーターダイバーの次に取得出来るライセンス。自分ばかりでなく他のダイバーのトラブルに対応し、救出できるようスキルを学びます。このコースを修了すると自分のダイビングにも自信がつきます。

 

【マスタースクーバダイバー】

レクリエーショナルダイバーの最高峰。レスキューダイバーの認定と5つのスペシャルティを取得することで晴れてマスタースクーバダイバーとなることができます。様々なスタイルのダイビングを経験した、誰からも頼られるダイバーです。

 

【ダイブマスター】

プロダイバーの第一歩。ファンダイビングのガイドをしたり、インストラクターのアシスタントとして講習のお手伝いができるようになります。