動植物

【海草】

海中にある種子植物のこと。アマモ、スガモ、ウミヒルが代表的です。

「海藻」特別するために「うみくさ」とも呼ばれています。

海草は、陸上の植物と同様に、根、茎、葉が解れていて花を咲かせて種子によって繁殖します。

 

【海藻】

海中にある胞子植物のこと。海に生えている藻の総称です。

コンブ、ワカメ、ヒジキ、、モズク、テングサ、アオサ、アオノリなどが代表的です。

 

【褐虫藻】

サンゴやシャコ貝に共生する生物。その他、イソギンチャクやクラゲなどにも共生しています。宿主が代謝した二酸化炭素によって光合成を行い、その光合成生産物を宿主に渡すとされています、詳しい事は解っていません。近年騒がれているサンゴの白化現象はこの褐虫藻がサンゴからいなくなってしまうことによって起こります。

 

【季節来遊魚】

黒潮に乗って南の方から流れてくる生物たちのこと。珍しい種類と数の少なさからダイバーたちはこぞって探します。見つかると、時に行列ができるほどの人気者になる魚もいます。以前は、死滅回遊魚呼ばれていましたが、死滅という言葉は印象が悪いので、使われなくなりました。

 

 

【甲殻類】

甲殻類とは、体をキチン質の固い甲で覆い、節のある肢(付属肢)を持つ節足動物のうちエビ、カニ、イカ、タコなどの仲間を甲殻類と呼びます。魚たちのような華やかさはありませんが、かわいいやつらです。

 

【死滅回遊魚】

季節来遊魚と同じです。南方系の魚は伊豆の水温では越冬できない個体もいるため、このように呼ばれています。