基礎用語

【アプネア】

元々の意味は「無呼吸」の状態を指しますが、フリーダイビングでも良く使われる言葉で、フリーダイビング=アプネアとして使われます。また、競技として行われるものにはいくつかの種類があります。

 

【エルニーニョ】

東太平洋の赤道付近で海水の温度が上昇する現象。これにより気圧が変化してしまうため、世界各地で異常気象が起こります。エルニーニョが発生すると日本では冷夏、暖冬となることが多いです。

 

【減圧症】

ダイビング中に体内に溜まった窒素によって起こる障害。発生する場所によって症状はいろいろです。きちんとした減圧を行うこと、控え目なダイビングをすることでリスクを減らすことができます。

 

【Cカード】

オープンウォーターダイバーコースを修了すると発行されるカード。ダイバーとして必要な知識とスキルが身についたことの証明です。認定を意味する「CERTIFICATION」の頭文字をとってCカードといいます。

 

【ジャック・クストー】

フランスの海洋学者で、潜水用呼吸装置の発明者です。監督の映画「沈黙の世界」は、カンヌ国際映画祭で最高の栄誉であるパルムドールを受賞しています。

 

【深度制限】

潜ることのできる最も深い深度のこと。リクリエーショナルダイバーの深度制限は40mです。

 

【窒素】

あまり馴染みがありませんが、私達が普段呼吸している空気中にたくさん含まれています。陸上では吸いこんだ窒素は使われることなくまた体外へ排出されますが、水中では水圧が体にかかるため体内に蓄積されていきます。

 

【病歴診断書】

お体がダイビングをすることができるかどうかの質問をさせていただく書類です。講習前には必ずご記入いただきます。

 

【無限圧潜水時間】

安全停止をせずに浮上しても良い最大の時間。その深度にあとどれくらいの時間留まれるかを表したものです。しかし、安全のため無限圧潜水時間内であっても安全停止をすることが推奨されています。「減圧不要限界」とも呼ばれます。